電気式一体型遮音床暖房

床暖房と遮音技術の技術が融合。マンションのリフォームに最適な床暖房です。

新築からリフォームまで幅広いニーズのある床暖房。その中でもマンションリフォームでの床暖房人気が年々高まってきております。安心・安全で良質な住宅ストック(量から質へ)への転換期を迎える今日、マンションリフォームをすることで住宅の快適性をアップさせ、資産形成を維持したい。そんなお考えをお持ちの方は是非この機会に「ダイレクトハイホット45プラス」をご検討ください。

 

電磁波を低減

ダイレクトハイホット45の断面構造の場合

ダイレクトハイホット45プラスの断面構造の図

ツイスト・ペアヒーターで電磁波発生を低減

ツイスト・ペアヒーターで電磁波発生を低減

フェールセーフシステムで安心・安全

フェールセーフシステムで安心・安全

厚さ16mmで遮音&床暖房

昇温時間が短いのですぐに暖か

熱源体をフローリングに組み込むことで、熱源部分がフローリング表面に近くなり、暖かさが伝わりやすく、また下に熱を逃がさない構造で上面放熱率が70パーセント超と、従来より2割アップ。一般的な温水式熱源体などと遮音フローリングの組み合わせに比べ約1/3の時間で暖かくなります。また、コントローラーのタイマー機能を使えば、寒い思いをすることなく効率的に活用できます。

ダイレクトハイホット45プラスの昇温

ダイレクトハイホット45プラスの昇温の図

遮音性能(軽量衝撃音)はLL45[ΔLL(Ⅰ)-4等級]をクリアしてます

遮音性能(軽量衝撃音)はLL45[ΔLL(Ⅰ)-4等級]をクリアしてます

マンションリフォームに最適

マンションリフォームに最適

いままでの床暖房では、まず熱源体を施工してから、非暖房部の段差調整、仕上げのフローリングを貼る工事をするので工期がかかりました。「ダイレクトハイホット45プラス」は熱源体と仕上げのフローリングが一体になっているので、手間がかからず工期がグンと短くなりました。普通のフローリングを施工するぐらいの時間で簡単に床暖房にリフォームできます。

ダイレクトハイホット45プラスと従来型床暖房のリフォームの流れ

  • 従来の床暖房
  • 従来の床をはがす
  • 熱源体(電気または温水)を施工
  • 電気工事または配管工事
  • 非床暖房部分の段差調整
  • 仕上げフローリングを施工
  • ドア等造部材の高さ調整
  • 完成
  • ダイレクトハイホット45プラス
  • 従来の床をはがす
  • ダイレクトハイホット45を施工
  • 電気工事
  • 完成
  • 工期短縮