独自の技術で無垢材の動きを抑え、床暖房にも対応しています。

これまでの無垢フローリングは、湿気や熱によってすき間が生じたり、反りの不安がありました。
「プレミアムク」では、スライドザネの採用により、すき間が目立ちにくいよう配慮。さらに床暖房対応製品にはEIDAI独自の形状安定化処理を施し、熱による動きを抑えます。

すき間が目立ちにくい「スライドザネ」

木質フローリングは、木の持つ調湿機能によって梅雨〜夏場(湿気の多い時期)には伸び、冬場(乾燥時期)には縮む特性があります。特に無垢フローリングは伸縮が顕著に表れます。そこで、「プレミアムク」では特殊サネ形状のスライドザネを採用。縮んだ場合にはすき間が目立ちにくく、伸びた場合には突き上げが発生しにくくなりました。

「形状安定化処理」で熱による動きを抑え、床暖房に対応

従来の床暖房対応の無垢フローリングは、熱による負荷が大きい場合、動いたり、変形する恐れがありました。「プレミアムク」は、独自の特殊乾燥による「形状安定化処理」を採用し、この問題を解決。形状安定化処理とは、薬剤を使用せず木材本来の風合いを残した特殊乾燥処理です。処理を施しても、未処理材と全く同じで木材本来の見た目、風合いを損ないません。「スライドザネ」との相乗効果で、安心してご使用いただける床暖房対応の無垢フローリングです。

内部応力を緩和し、反りや曲がりを軽減します。

EIDAI独自の形状安定化処理は、製品形状で一枚ごとに処理することにより、木材の乾燥過程で生じる不均一な内部応力を緩和します。(内部応力とは木材自体が曲がろうとする力でそれが反りや曲がりとなります。)処理することで、均一に伸縮するので反りや曲がりが起こりにくく、フローリング間のすき間や突き上げも発生しにくくなります。

※グラフ数値は試験値であり保証値ではありません。
床暖房をすると含水率は一般的に約2%まで下がります。このときの曲がり量は形状安定化処理をした「プレミアムク」においては未処理材のムクより約80%低減します

水分による吸放湿を抑制し、伸縮しにくくします。

EIDAI独自の形状安定化処理は、製品形状で一枚ごとに処理することにより、木材の乾燥過程で生じる不均一な内部応力を緩和します。(内部応力とは木材自体が曲がろうとする力でそれが反りや曲がりとなります。)処理することで、均一に伸縮するので反りや曲がりが起こりにくく、フローリング間のすき間や突き上げも発生しにくくなります。

形状安定化処理を行うと個々の細胞が水分と結びつく点(吸着点)が減少するので平衡含水率は未処理材と比べて20∼30%下がり、吸放湿に起因する寸法変化も小さくなり伸縮しにくくなります。例えば、湿度65%のとき、製品出荷時の含水率は未処理材では約10%ですが、形状安定化処理を行う「プレミアムク」では約7%となります。床暖房をすると含水率は一般的に約2%まで下がるので含水率の変化量は、未処理材は8%、処理材は5%となります。

※グラフ数値は試験値であり保証値ではありません。

床暖房使用時の比較

ひとつとして同じものがない、「木」本来の自然な姿をお愉しみください。

「プレミアムク」は、天然木を使用していますので同じ木であってもまったく同じ木目、色調、模様となることはありません。それがナチュラルな美しさを醸し出しています。
色や模様の個性、そして本物ならではの存在感が愉しめるのは、無垢でしか味わえない価値です。

無垢本来のナチュラルな美しさ

木目や色調、柾目と板目の違いなど、それらを巧みに組み合わせることで、無垢ならではの美しさを演出しています。また、自然環境にも配慮して資源を大切に使うという観点から、小さな節や入り皮などが入った部分もそのまま生かしています。たとえば、入り皮は、生長の過程で落石などによって傷つけられた樹皮を、木が自ら修復した名残。無垢ならではの、個性あふれる自然の表情としてお愉しみください。なお、下記は代表的な特長です。これら以外にもさまざまな表情が表れます。

人と環境にやさしい自然素材

木のもつ自然素材の温もりは、五感にやさしく、人の心と身体を安らかに癒してくれます。そしてもうひとつ忘れてはならないのが、環境へのやさしさ。森林の樹木は光合成により、大気中のCO2(二酸化炭素)を吸収し、O2(酸素)を作り出しています。また、成長段階において吸収したCO2の一部をC(炭素)として固定しています。固定されたCは、枯れて分解されたり、燃やしたりするとCO2として排出されてしまいますが、木材製品などとして使用し続けることで、吸収したCO2のうちCを長年に渡って蓄えることができる貯蔵庫のような働きを持っています。

自然の調湿作用でお部屋の湿度を調節

木は、空気中の湿度が高いと水分を吸収し、低いと水分を放出します、フローリングとなってからも同じように呼吸をするため、自然のエアコン機能によって室内環境を快適に保つことができます。季節や地域環境によって吸湿による伸びや、放湿による縮みが見られる場合もありますが、これも自然素材ならではの特徴です。