欧州のDESIGNと日本のQUALITYの両立。ステンレスキッチン、ピアサスS-1ユーロモード。

キッチンは今、リビングキッチンへ。

今、キッチンは料理をつくる作業場から、リビングルームとつながる団らんの場へ。 LDK空間は、ライフスタイルの多様化と共に、一体的なオープン空間が好まれるようになりました。

欧州のモダンインテリア家具はシンプルで纏まりがよく、空間のなかで主張しすぎずフィットし、 心地よさを演出してくれる。 [ ピアサスS-1ユーロモード ] は、キッチン=家具である欧州のデザインテイストを採り入れ、 当社の技術力を注ぎ込み、オープンな空間にも調和するデザイン、それによる心地よさを実現しました。

そこにあることが楽しいと思える毎日、キッチンをリビングキッチンに変えてゆく。 それが EIDAI LIVING KITCHEN の提案です。

ピアサスS-1ユーロモード

ピアサスS-1ユーロモード

ピアサスS-1ユーロモード

コンセプト

欧州のDESIGNと日本のQUALITYの両立。

【EURO DESIGN】

リビングとの一体感を考えた、ヨーロッパ流の「インテリア性」と「居心地」

【JAPAN QUALITY】

キッチンとしての質を追求した、確かな「機能性」と「使い心地」

ステンレス

欧州の家具を想わせる美しさを目指しました。

キッチンをリビングから続く「部屋」として考え、「インテリア性」と「居心地」にこだわりました。欧州の家具をイメージさせる、シンメトリーのシンプルなデザイン。

上質な素材や塗装仕上げがもたらす、肌で感じる心地よさ。[ ピアサスS-1ユーロモード ] の美しい空間に包まれて、お料理の時間が、家族との団らんが、もっと素敵に変わります。

シンプルなデザインキッチンでアイランドキッチンにもしっくりくるデザインのキッチンとなりました。

欧州デザインキッチン

ずっと愛着を・・高耐久ステンレスキャビネット構造が実現します。

[ ピアサスS-1ユーロモード ] の美しいデザインを内側から支えているもの。

それは、EIDAIが1974年5月、業界に先駆けステンレスキャビネットキッチン「ピアライン」を開発依頼、40年以上にわたって培ってきたステンレス加工の技術力です。

ステンレスという上質な素材を高い加工精度でくみ上げることで、キッチンカウンターワークトップの平滑な美しさを、引き出しのなめらかな動きを、キッチンに求められる優れた耐久性を実現しました。

無駄を極限まで削ぎ落としたシンプルデザインが魅力のゲートスタイルキッチンS-1。上質感のあるステンレスフレーム構造は、飽きることのない究極のスタイルです。また風通しも良く、清掃もしやすく、いつも清潔な環境をキープできるメリットもあります。

ステンレスキャビネット

見えない部分にまで、ステンレスにこだわりました。

キッチンに最適な素材であるステンレスを、ベースキャビネットの補強材など、見えない部分にまで使用した高耐久性設計。

しかもレアメタルであるニッケルの含有量を0%にした環境にやさしいステンレス「NSSC180」を採用。この厳選素材をハンドメイドで仕上げていきます。

丈夫で耐久性が高く、清潔に保つことができ、ニオイがつきにくく、湿気がこもりにくいなど、優れた機能性を誇ります。

ステンレスパーツ

熟練者が長年培った、ハンドメイド技術。

熟練の技術者が厳選素材をハンドメイドで仕上げていきます。

丈夫で耐久性が高く、清潔に保つことができ、ニオイが つきにくく、湿気もこもりにくいなど、優れた機能性を誇る製品に創り上げられます。

このハンドメイド技術が “JAPAN QUALITY”の源となり、厳選された素材から創り上げられた製品である [ ピアサスS-1ユーロモード ] が完成されます。

ハンドメイド