建築用パーティクルボード ベーシックシリーズ

優れた遮音性、断熱性、耐久性を活かし、戸建て住宅やマンションなどの下地材として使用されています。この強固な素材特性が高く評価され、さまざまな建築現場で活躍しています。

二重床用パーティクルボード

パーティクルボードは遮音性に優れ、方向性も少なく、厚くて剛性の強い板が入手できますので、置床工法用(乾式遮音二重床工法)パネルとして最適です。そのパネルを提供いたします。

特長

置床工法は住宅・都市整備公団(現:都市再生機構)が長年にわたって各種床工法について研究した結果、遮音性、施工性、経済性など総合比較の上、標準設計に採用された工法です。
この工法は、床スラブをいためず、レベル調整も容易で施工性が良く床下配管が容易であること、補修性も良い点など多くのメリットがありますので、マンション、事務所、体育館にも広く普及しております。

仕様

製品仕様
厚み(mm) 20・25


曲げ強度による区分 18
接着剤による区分
ホルムアルデヒド放散量による区分 F☆☆☆☆
基本性能
  適合基準  
密度(g/㎝³)   0.40以上0.90以下 0.75
含水率(%) 5以上13以下 7
曲げ強度(N/㎜²) 18以上 22.5
湿潤時曲げ強さ(N/㎜²)   9以上 11
吸水厚さ膨張率(%) 12以下 9.5
はく離強さ(N/mm²) 0.3以上 0.6
木ねじ保持力(N) 500以上 700
ホルムアルデヒド拡散量(㎎/L) 平均0.3以下(最大0.4) 0.15

※ 上記数値は代表値であり、保証値ではありません。