シックハウス対策

 
 

VOC低減対策

 

主に建材から放散されるVOCの中の4つの化学物質(トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレン)に対して業界の自主基準として、「4VOC基準適合(木質建材)」の表示を実施しています。EIDAIは本基準に適合する製品をご用意しています。

ホルムアルデヒドの対応
建築基準法により、シックハウスを防止するため、ホルムアルデヒド対策とクロルピリホスの使用禁止が義務付けられています。
ホルムアルデヒドの発散量の少ない建材を使用するとともに、換気により室内の化学物質濃度を低減させる必要があります。
EIDAIは建築基準法による使用面積制限を受けない規制対象外レベルの製品を用意しています。
 
●JASに規定されたフローリング、壁材などは、JASに基づく表示です。
●ユニット製品等は「住宅部品表示ガイドライン」に基づく表示です。
4VOC基準適合(木質建材)の対応
平成20年4月に「建材からのVOC放散速度基準化研究会」(事務局:一般財団法人建材試験センター)より、主に建材から放散されるVOCとして、トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレンの4物質について、通常想定される使用状態において、厚生労働省の室内濃度指針値以下になるよう「建材からのVOC放散速度基準」が制定され、居室に使用される建材を対象に4つのVOCの放散速度基準が示されました。これを受け、(社)日本建材・住宅設備産業協会等で「住宅部品VOC表示ガイドライン」が制定されました。
EIDAIはこの業界の自主的基準に適合した製品をご用意しています。
低VOCの対応
当社は厚生労働省が定めている室内濃度指針における指定13物質に対して自主基準を定め、安全データシート(SDS)※や小型チャンバーによる測定でVOC放散量が基準値以下であることが確認された製品に「低VOC」マークを表示しています。
 
●材料からの放散速度の測定であり、室内濃度を保証するものではありません。
●材料の特性から対象物質を放散する一部の製品は除きます。
※SDSとは、化学物質の適切な管理のため、含有する化学物質の危険性、有害性、安全な取扱法、法規制などの情報を記載したものです。

 

 

対応製品

化粧版(2次加工品)
ユニット製品
・フローリング
・一体型床暖房
・壁材
・パーティクルボード
・室内階段ユニット
・室内ドア
・腰壁
・クロゼット
・シューズボックス
・カウンター
・収納棚
・可動間仕切り
・システム収納
・システムキッチン
・洗面化粧台

 

対象13物質とEIDAIの取り組み

対象物質
マーク
基準
1.ホルムアルデヒド
エフフォースター
法規制
2.トルエン
3.キシレン
4.エチルベンゼン
5.スチレン
4VOC
業界自主基準
6.パラジクロロベンゼン
7.フタル酸ジ-n-ブチル
8.テトラデカン
9.フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
10.ダイアジノン
11.アセトアルデヒド
12.フェノブカルブ
低VOC
当社社内基準
13.クロルピリホス
使用禁止
法規制
 

会社情報