シックハウス対策

 
 

シックハウスの基礎知識

1.シックハウス症候群について

室内空気汚染により居住者に様々な体調不良が生じる状態のことです。家に入ると眼がチカチカする、気分が悪くなるといった軽度なものから、アトピー性皮膚炎、喘息の悪化などのアレルギー疾患悪化、などの症状があげられますが、未解明な部分が多く残されていますので、単純には説明できません。

背景と原因物質

省エネ対策に伴う住宅の高気密・高断熱化が不充分な換気を引き起こし、化学物質を放散する建材・内装材等の使用が室内の空気汚染を招いていると考えられます。
その原因物質として一般的には、住宅内装材に含まれる化学物質が問題視されていますが、身の回りの日用品も有害な化学物質を放散する可能性があります。

シックハウス症候群について

 

2.化学物質過敏症について

化学物質過敏症とは、最初にある程度の量の化学物質に接触、または低濃度の化学物質に長期間接触して過敏症を発症してしまうと、きわめて微量の化学物質にも敏感になり、以後は同じ物質に少量でも接触すると化学物質過敏症症状をきたすものです。

化学物質過敏症の症状と原因

シックハウス症候群、化学物質過敏症は症状、原因物質ともに近いものですが、症状には頭痛、全身倦怠、不眠、など特徴のない症状が多くあげられます。軽度の場合、身体の疲れや軽い風邪などと鑑別が難しい場合が多いですが、自己免疫疾患など深刻なものもあります。原因物質としては、原則的には世の中の物質のすべてといっても過言ではありません。ただ、屋外では排気ガス、殺虫剤、除草剤など、屋内では接着剤、塗料、カビ・ダニ、洗浄剤、漂白剤、芳香剤などが原因物質となる可能性があります。

化学物質過敏症について

 

3.シックハウス症候群と化学物質過敏症との違いについて

シックハウス症候群は、その原因となる住宅やビルを離れることで、目やのどの刺激や気分が悪くなるなどの症状は消えてしまいます。しかし化学物質過敏症は微量でも原因となる化学物質に触れると症状が出る場合があります。

4.VOCについて

住宅にはさまざまな建材や、内装材が使われています。また、室内には電気製品や家具などが置かれこうした物からいろいろな揮発性物質が空気中に放散されています。このような揮発性のある物資を総称してVOC(Volatile Organic Compound:揮発性有機化合物)といいます。近年の住宅は快適性・省エネルギーを追求し、高気密・高断熱の傾向にあります。この気密性の高まった室内で、ホルムアルデヒドを含むVOC等により空気汚染が引き起こされ、シックハウス症候群や化学物質過敏症といったさまざまな影響をおよぼしています。

5.VOCの注意事項

●揮発性物質であること

VOCは、揮発性物質であるため、空気中を漂いどこかで製品に付着・混入する可能性があります。

●放散量と室内濃度

放散量とは製品から放散されるVOCの量で、室内濃度はその部屋の空気1立方メートルの中にどれだけ含まれているかを示し、別のものです。基準値を混同すると、誤解を招きますのでご注意ください。

 

VOCの注意事項

お願い  シックハウス症候群、化学物質過敏症を抑えるために

●VOC放散量の少ない製品を
   選んでください。

化学物質は建材や内装材だけでなく、室内に持ち込む家具やカーテン、日用品なども発生源となる可能性があります。

>>EIDAIの取り組みをご覧下さい

●換気を充分に行ってください。

室内で発生した様々な物質(VOC等)を排出し新鮮な空気を導入する為に1~2時間に1回の換気を行ってください。

シックハウス症候群、化学物質過敏症を抑えるために

 
 

次の項目を見る

会社情報