Work Style

営業職

東京特販営業部/営業第三課 千葉 俊一(2007年入社) 現在の仕事内容

大手ハウスメーカーへの提案営業がメイン業務です。EIDAIの既存製品を扱うというよりも、
そのハウスメーカーオリジナルの製品を提案し、採用を獲得するのが私の仕事です。
販売だけでなく、新しい製品の企画立案など、開発にも携わることができるのがこの仕事の醍醐味ですね。
責任の重い仕事ですが、その分やりがいを感じることができます。

これまでの仕事で学んだこと 何事もお客様のことを考え行動する。そういった小さな積み重ねが大きな信頼に。

「簡単なことを簡単と思わないこと」が大事だと思います。言い換えれば、油断をしないということ。例えば、メールの文章で誤字脱字が無いかをきちんと確認したり、相手にとって分かりやすい文章になっているかなどを考えるようにすると、一見簡単に思えることも簡単なことではなくなります。そういった小さなことの積み重ねで大きな成功やお客様からの信頼が得られると思っています。新入社員のときに先輩から教えていただいたのは、社名ではなく「千葉さん」と個人の名前で呼ばれる営業担当者になりなさい、ということ。お客様との商談で「千葉さんだったらOK!」と言われたら嬉しいですね。

EIDAIの強みと自分自身の目標 EIDAI社員であるプライドと責任感を胸に、真剣に業務に打ち込む。

EIDAIらしさを一言で言えば、“まじめ”なところですね。同僚と仕事のグチを言い合うときもたまにありますが、皆プライドや責任感を持って、ひとりひとりが真剣に業務に取り組んでいます。現在、新たなシステムキッチンの開発の真っ最中ですが、自宅をリフォームすることがあれば、自分が手掛けたそのキッチンをぜひ取り付けてみたいですね。

求めているのは、自発的に物事に取り組める人や自ら考えて遂行できる人。ひとりで完結できる仕事なんてほとんどありませんから、自分の考えを相手に伝える能力も大事になりますね。