DNA

よりよい生活の実現のために

EIDAIの歴史と
モノづくりDNA

EIDAIは住まいづくりの中で「木」を活かし、よりよい暮らしを実現することこそ、
本当の豊かさであると確信し、これまでたくさんの暮らしを彩るモノづくりに挑戦してきました。
これまで培ってきたモノづくりの歴史をぜひ知ってください。

1940
EIDAI’S HISTORY & DNA 1940〜1960

1940〜1960

戦後間もない1946年、設立

1939
第二次世界大戦始まる
1945
第二次世界大戦終戦
1946
大阪市大正区にて設立
戦後復興資材として合板を製造販売
1959
国産第一号のプリント合板の製造販売を開始
1959
本社を大阪市住吉区(現 大阪市住之江区)に移転
1960
EIDAI’S HISTORY & DNA 1960〜1980

1960〜1980

ニーズにこたえ生産力をあげるべく各地に工場を設立

1960
ハウス事業へ進出。小規模な住宅の生産を開始し、「永大の勉強部屋」を発売
1961
合板を使用したモーターボートの試運転に成功。合板の耐水性を証明。
1964
東京オリンピック開催
1964
福井県敦賀市永大町に敦賀事業所を開設(現在はフローリング、室内階段、パーティクルボードを生産)
1964
堺市築港新町(現 堺市西区)に堺事業所(現 大阪事業所)を開設(現在は室内ドア、造作材、収納製品を生産)
1967
福島県いわき市に小名浜合板株式会社(現 永大小名浜株式会社)を設立(現在は室内ドア、クロゼット、造作材、パーティクルボードを生産)
1968
山口県熊毛郡平生町に永大木材工業株式会社(現 山口・平生事業所)を設立(現在はフローリングを生産)
1970
日本万国博覧会(大阪万博)開催
1973
大阪府南河内郡美原町(現 堺市美原区)にキッチン工場(現 大阪住設工場)を開設
1979
システム収納「ロイヤルシュノール」を発売。「プッシュロック」で実用新案登録を取得。
1980
EIDAI’S HISTORY & DNA 1980〜2000

1980〜2000

欧米化する戸建て住宅のための新たな製品

1985
ステンレス一枚天板のシステムキッチン「コーディネートキッチンCK」を発売
1985
国内初のフローリング着色塗装量産ライン稼動
1985
業界で初めてとなる雁行タイプの直張りフローリング「ダイレクト」シリーズを発表
1987
トータルインテリアコーディネートシステム「IPシステム」導入
1989
平成に改元
1991
バブル崩壊
1998
長野オリンピック開催
2000
EIDAI’S HISTORY & DNA 2000~2010

2000~2010

ミレニアムを迎え、さらによりよい生活の実現を目指した

2000
二千円札発行。
2002
ワールドカップ 日韓大会開催
2002
植林材のヨーロッパビーチを活用し、フローリングをはじめとするシリーズ製品を製造販売
2004
バリアフリーの考え方も取り入れたスタイリッシュな室内ドア「アーバンモード」を発売
2006
フローリングで日本初のPEFC-CoC認証を取得
2007
郵政民営化スタート
2007
東京証券取引所市場第二部に上場
2007
EIDAIのステンレス加工技術を活かしたステンレスキッチン「ピアサスS-1」を発売
2010
EIDAI’S HISTORY & DNA 2010〜

2010〜

これまでにないマーケットを開拓する、新しいEIDAI

2010
業界初フルフラット鏡面ラッピングドア「アルティモード」を発売
2011
東日本大震災発生
2011
ベトナムにEidai Vietnam Co.,Ltd.を設立
2011
東京証券取引所市場第一部に上場
2012
東京スカイツリー開業
2012
シニアマーケット向け製品群「セーフケアプラス」を発売(フローリング、室内階段、手摺、室内ドア、キッチン)
2012
EIDAIオリジナルの技術「3Dメイク」を施した「フィールグレインフロア」を発売
2013
日本の森 活性化フローリング「里床(さとゆか)」を発売
2014
森の逸品、銘木フローリング「銘樹(めいじゅ)」を発売
2015
次世代の蓄熱フローリングシステム「エコ熱プラス」を発売
2016
ポケモンGO国内配信開始
2017
インドネシアにPT. Eidai Industries Indonesia(EDI)を設立
2017
園舎施設向けの内装ドア収納家具「園舎施設向けセーフケアプラス」を発売
2019
室内空間のトータルコーディネートが可能な新ブランドSkism(スキスム)発売
2019
ラグビーワールドカップ開催
日本史上初のベスト8