HOME > 会社情報 > IR情報 > 中期経営計画

MEDIUM-TERM MANAGEMENT PLAN

中期経営計画

 当社は、「木を活かし、よりよい暮らしを」を基本理念とし、地球・社会・人との共生を通じて豊かで持続可能な社会の実現に貢献する企業であり続けることを目指しております。
 当社を取り巻く事業環境が今後急速に変化していくなか、持続的な成長を実現する事業構造への転換を目指し、中期経営計画として2021年3月期を最終年度とする経営三ヵ年計画を策定いたしました。
 各計画年度の目標を達成すべく、より一層の企業価値向上に努めてまいります。

経営三ヵ年計画(2019年3月期~2021年3月期)

1. 事業環境

 わが国経済は、足元では企業収益や雇用環境の改善により、緩やかな回復基調を維持していますが、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動、さらには消費税率引き上げの動向による影響が懸念されるなど、景気の先行きは不透明な状況が続いております。
 住宅業界におきましては、2017年の夏場以降は新設住宅着工戸数が前年比で減少に転じていることに加え、中長期的には人口減少、世帯構成の変化といった構造的な問題を背景に新設住宅着工戸数が減少していくことを勘案すると、今後の厳しい事業環境は避けられないと考えております。
 当経営三ヵ年計画は、2021年3月期の新設住宅着工戸数を850千戸と想定し、策定しております。

2. 基本方針

このような事業環境の中、当社グループは、新築住宅に依存しない事業構造への転換を目指し、以下の施策に取り組んでまいります。

①住宅分野での収益力の強化
 当社の主力である住宅分野においては、多様なニーズを取り入れた製品開発とライフスタイルの変化に合わせた製品拡充を進めるとともに、着実に収益を確保するため、更なるコスト低減を推進してまいります。
 また、今後、国の政策支援を背景に引き続き堅調な需要が期待できる中古住宅・リフォーム分野にも対応するため、省施工製品の開発や特注サイズの生産強化及び短納期化に取り組んでまいります。
 これらを実現するための施策として、製造や販売においては自動化やIT化を推進し、さらに建築現場や物流現場における人手不足に対応するため、プレカット製品の拡充や物流機能の向上を図り、さらなる事業領域の拡大と収益力の強化を推進してまいります。

②非住宅分野の開拓と拡販推進
 幼稚園や保育園などの園舎をはじめとする文教施設や医療施設、商業施設、宿泊施設に対応する製品開発及び販売体制を強化し、非住宅分野の開拓と拡販を推進してまいります。

③海外事業の強化
 永大ベトナム(Eidai Vietnam Co., Ltd.)におきましては、生産効率や品質の向上に取り組み、安定的な生産供給を継続してまいります。一方、永大インドネシア(PT. Eidai Industries Indonesia)におきましては、インドネシア国内での製造・販売体制の早期構築を図ってまいります。
 さらに、今後の成長が見込まれるASEAN諸国での販売拡大に向けた施策を進めてまいります。

④原材料の安定した調達
 当社の主要原材料であるフローリング用基材は、海外からの調達が必要であるため、現地価格と為替変動の影響を受けます。これらの価格変動要因に対しては、現地での情報収集により、原木需給の長期見通しを策定するとともに、調達先の見直しや樹種の変更を行っております。また、為替変動の影響を受けない国産材を積極的に活用しており、今後も更なる利用拡大に向けて取り組んでまいります。

⑤環境保全への取組み推進
 クリーンウッド法の定める木材関連事業者として、合法性が確認できた合板やツキ板などを国内外から調達してまいります。また、プレカット製品のさらなる開発や拡販を通じて、施工現場での廃材削減を実現し、環境保全への取組みを推進してまいります。

⑥多様な人材の活用及び生産性の向上
 外部環境が急速に変化していく中で事業活動を継続・発展させるために、多様な能力や価値観を持った人材を幅広く採用し、活躍を促進してまいります。また、昨年から推進している働き方改革を加速させ、業務を効率化させて生産性の向上を図ってまいります。

3. 経営目標

《連結》 

【百万円】

  2018年3月期
(実績)
2019年3月期
(業績予想)
2020年3月期
(計画)
2021年3月期
(計画)
売上高 66,977 68,000 69,000 70,000
営業利益 2,173 2,700 2,850 3,000
経常利益 2,407 2,850 3,000 3,150