HOME > 会社情報 > 会社案内 > トップメッセージ

TOP MESSAGE

トップメッセージ

事業領域の拡大と、
さらなる企業体質の強化を図ります。

代表取締役社長 大道 正人

 

「木を活かし、よりよい暮らしを」という基本理念のもと、当社は現在、フローリングや室内ドアのほか、製品の基材となる木質ボード、さらにはシステムキッチンなどの開発を手掛ける総合住宅資材メーカーとして、快適な住まいづくりをサポートしております。
 わが国経済は、足元では企業収益や雇用環境の改善により、緩やかな回復基調を維持していますが、景気の先行きは不透明な状況が続いております。住宅業界においては、低水準で推移する住宅ローン金利や政府による住宅取得支援策の下支えにより、2017年度の住宅需要は底堅く推移しました。
 このような状況のなか、当社は住宅会社向けの販売を強化することにより、住宅資材事業での基盤拡大を図りました。また、幼稚園や保育園などの園舎への販売活動を強化するなど、非住宅分野の開拓に取り組みました。さらに、海外事業においては、キッチン、収納製品及び室内ドアの製造・販売を担う永大インドネシアを設立し、今年度の操業に向けて準備を進めております。このほか、恒常的な生産工場の改善活動や、新たな営業支援システム「EDnet+(プラス)」の導入、積算業務の集約など、製造部門から営業部門に至るまでの業務を効率化、さらに見える化することで生産性の向上を図り、働き方改革を推進してまいりました。
 今後の住宅業界を展望しますと、中長期的には人口の減少や世帯構成の変化といった構造的な問題を背景に、新設住宅着工戸数の減少は避けられないと考えております。当社は、新設住宅着工戸数に依存しない事業構造への転換を図るため、 差別化できる製品を開発し、いち早く市場へ投入するとともに、引き続き非住宅分野の開拓とさらなる拡販、ならびに海外事業の強化に努めてまいります。
 また、原材料の安定的な調達に注力する一方、クリーンウッド法の定める木材関連事業者として合法性が確認できた木材を調達し、環境保全に力を入れてまいります。さらに、働き方改革を加速させて業務を効率化することにより、生産性の向上を図ると同時に、多様な能力や価値観を持った人材を幅広く採用することにより、企業体質の強化を推し進めてまいります。

 これからも当社は、よりよい製品やサービスの提供を通じ、皆様から信頼される企業であり続けるよう、一丸となって取り組んでまいりますので、より一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2018年6月
代表取締役社長 大道 正人