本気の経験が、
最強の武器となる。

業務統括部 特販業務課 課長
(取材当時:大阪特販営業部 営業第三課 課長)
1998年入社

入社動機

私は1998年入社なのですが、その年の新規求人倍率は1倍を切り、ちょうど就職氷河期に入るタイミングでした。バブル崩壊後の不況のなごりもあったので、就職するなら業界トップシェアの会社でモノづくりに携わって、世の中の動き・経済の動きに連動する仕事がしたいと思い、最終的にEIDAIを選びました。

つくっているもの

在阪ハウスメーカー様の本部窓口、大手ハウスメーカー様の関西エリア支店担当を任されています。取り扱うのは、EIDAIの製品全般。事業部と協力しながら、新商品の企画開発提案を行います。また、大阪特販営業部 営業第三課の課長として、既存店でのシェアアップや新規商材採用獲得、新規店の開拓もミッションとなります。

Career Step

1998年

住設事業部 営業課
住設商品の社内販売支援
その後、商品課にて商品企画
ハウスメーカー向けOEM商品担当

2002年

中四国営業部 広島特販課
大手ハウスメーカー担当

2004年

大阪特販営業部 営業第三課
地場ビルダー担当
大手ハウスメーカー担当

2018年

大阪特販営業部 営業第三課 課長

キッチンに対する
思い入れ

入社後、最初に配属されたのは住設事業部でした。商品課で商品企画を担当し、ハウスメーカー様向けにOEM商品をつくっていた経験もあり、特にキッチンに対する思い入れは人一倍強いです。EIDAIはステンレス加工の歴史も長く、そのステンレスでつくるキッチンは、側板・背板・底板など構造体となるパーツすべてに折り曲げ加工を施し、さらにパネル形状化しているため、ねじれたり変形したりすることがありません。自社工場生産による確かな品質のステンレスキッチンは、私にとっても自慢の製品で、営業という立場になった今、積極的にハウスメーカー様に提案しています。品質面においても、営業面においても、どのキッチンメーカーにも負けるつもりはありません。今後も、商品企画のセンスを活かした営業力を磨いていきたいと考えています。

成長するのに
段取り力は不可欠

商品企画のことがわかる営業というのは、私にとって大きな武器です。今後もしかしたら営業以外の職種につくことがあるかもしれませんが、それはまたひとつ新たに武器が増えるということです。入社当時は、住宅設備に関する知識も、建築に関する知識も、まったくありませんでした。知識がなければ、お客様からの信頼を得ることも当然できません。一日でも早く一人前になるために、とにかく勉強しました。もともと負けず嫌いな性格なのだろうとは思います。とはいえ、ただがむしゃらに突き進むだけでは、すぐに壁にぶちあたります。仕事をするうえで、段取り力はとても重要。事前の準備をしっかり行うことでゴールは明確になりますし、ゴールが明確になることで事前の準備の精度も上がります。そんな経験を積み重ねることで、私は成長してきました。今は課長という立場でもあるので、率先垂範しつつ、課員の成長を応援していきたいと思っています。

Schedule

07:15

出社

08:30

朝礼

09:30

取引先①の営業会議に出席
商品説明会

11:00

取引先②を訪問

12:00

昼食&休憩

13:30

取引先③の本社を訪問

製品ラインナップについて打ち合わせ

15:00

帰社

17:00

取引先④の営業担当者5名が来社
商品説明会とショールームにて実機を案内

19:00

退社

Message

学生から社会人になると、生活が大きく変化します。変化の内容は人それぞれですが、一番大きいのは時間の使い方ではないでしょうか。今使える時間を大切に、今しかできないことに没頭してください。学業・プライベート関係なく、持ち金を使い果たしてでも、やり残すことがないように。幸いなことに、EIDAIにはさまざまな経験を積むことのできるフィールドがあるので、それを思いきり利用して成長してほしいと思います。

PEOPLE

大阪営業部 大阪営業所
2018年入社

内装システム事業部 生産技術課
2017年入社

内装システム事業部 製造改善室 室長 兼 生産技術課 課長
1995年入社

内装システム事業部 商品部 商品開発二課 課長
2002年入社

住設事業部 商品部 開発室
2015年入社